潰瘍性大腸炎の初期はオリゴ糖と食事

オリゴ糖が活躍するのは、やはり、お腹が得に敏感な、潰瘍性大腸炎の初期の状態の頃からです。この時期は、ちょっとしたことで、下痢や便秘を繰り返してしまいます。

 

そんな状態の時でも、オリゴ糖は、お腹への負担がほとんどないため、お腹に優しい・腸内環境を変えるものとして、重宝します。

 

また、腸内環境を整えるには、オリゴ糖だけでなはく、普段の食事も気をつけたいところです。

 

早く体調を良くするには、やはり、自宅での食事です。今では書店にいけば、潰瘍性大腸炎の方向けの料理本が出ていると思いますが、その中から美味しそうなものをピックアップし、食べました。

 

基本的には、腸への負担をかけないため、柔らかいものが多いです。そして、食べる時は、しっかりと噛むことです。

 

噛む回数は、30回程度が目安です。

 

自分の場合は、噛んでいる間に、飲み込んでしまうクセがあって、改めて早食いを自覚するはめになりました・・・。

 

最初は、面倒かもしれませんが、1ヶ月、2ヶ月してくると、体調が良くなってくるのを実感できますよ。

 

ここからは、オリゴ糖の中でも、潰瘍性大腸炎に向いているものをご紹介します。

潰瘍性大腸炎 オリゴ糖おすすめランキング!

カイテキオリゴ

カイテキオリゴの特徴
長年売れている北の快適工房が作ったロングセラーのオリゴ糖です。腸内には、30種以上のビフィズス菌がいますが、その全てのビフィズス菌が活性化してくれるオリゴ糖です。
・ビフィズス菌が喜ぶエサになる。
・全額返金保証付き
・善玉菌の生息域に届くオリゴ糖
・野口医学研究所の品質推奨品
価格
2554
評価
評価5
備考
昔からある定番のオリゴ糖
TOPへ