白髪が増える原因 | 潰瘍性大腸炎 治療と完治の体験談!

白髪が増える原因

潰瘍性大腸炎なる前から徐々に白髪が増えてきた・・。
なんてことはないでしょうか。

 

人間は時間と共に老化しますが、実は腸内環境も老化するんです。もっというと、実年齢と腸の年齢は一致しないということです。
潰瘍性大腸炎になったということは、腸年齢が人より老化している状況ともいえます。

 

人が食べ物を食べ、胃で消化し、最終的には、腸で栄養素の吸収をおこないます。その腸の働きが悪いと、血液にのって送られるはずの栄養素や酸素が行き届かない場合があるのです。

 

ちなみに、白髪になる原因は、大きく3つあります。

1.血液のめぐりが悪いこと。
2.血液が不足していること。
3.栄養が不足していること。

 

中国では、血のめぐりが悪いことを「於血(おけつ)」といい、血液が不足していることを「血虚(けっきょ)」と呼びます。白髪は、栄養素が届いていない証でもあるため、頭皮を改善していく必要があるんです。

 

白髪になると、だいたいヘアカラートリートメントや、白髪染めなどが一般的ですが、長期間使用していると、今度は頭皮を傷めてしまう場合もあるんです。そのため、最近は、白髪を内面から変えるため、頭皮の血流の流れに注目した漢方が注目されています。

 

それが、白髪染めサプリです。
気になる方は、どうぞ!

 

>>白髪染めサプリメントが割引キャンペーン中です

 

参考URL:白髪に効くサプリランキング