潰瘍性大腸炎 便秘の場合は、セロトニン不足の可能性

潰瘍性大腸炎 便秘の場合は、セロトニン不足の可能性

セロトニンを活性化させることが治療への近道

 

セロトニンは、潰瘍性大腸炎のような腸管(ちょうかん)の病気にも深いかかわりがあります。というのも、セロトニンの9割は腸に存在するのです。腸管にセロトニンが増えすぎると下痢になり、不足すると便秘になります。脳のセロトニンを活性化すれば、腸管のセロトニンのバランスが整い、腸の働きが正常化します。

 

それでも睡眠が上手くとれない場合は、セロトニンが不足しているからかもしれません。
そんな、セロトニン不足を補うサプリメントはコチラです。

 

>> ぐっすり睡眠するセロトニンサプリはコチラ♪ <<