潰瘍性大腸炎の自律神経(負のサイクル)は、絶対に避けたい。 | 潰瘍性大腸炎 治療と完治の体験談!

潰瘍性大腸炎の自律神経(負のサイクル)は、絶対に避けたい。

潰瘍性大腸炎は、自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位に傾いている場合が多いとされています。この交感神経が優位の場合は、白血球中のリンパ球が減り、顆粒球が増加します。

 

白血球

  • リンパ球が減る → 免疫力が低下
  • 顆粒球の増加 → 死滅する際に、活性酸素放出

つまり、自律神経のバランスが崩れた状態が続くと、大腸粘膜の炎症に繋がるということになります。

潰瘍性大腸炎と自律神経の関係

引用元:マキノ出版 「潰瘍性大腸炎は自分で治せる」

 

自律神経のバランスを保つ方法

潰瘍性大腸炎の原因となる自律神経のバランスを崩す負のサイクルは、絶対に避けたいところです。その方法として、以下があります。

 

自律神経のバランスを保つ方法

  • 食事療法 (潰瘍性大腸炎 食事で大事な7つのポイント)
  • 活性酸素を除去する (水素水など)
  • 呼吸法
  • 適度な運動

 

いろいろ飲み比べをしている中で、一番効果があったサプリです。
気になる方は御覧ください。
>>潰瘍性大腸炎におすすめのサプリはコチラ