潰瘍性大腸炎 保険加入の前にチェックしたい選び方!

潰瘍性大腸炎 保険加入の前にチェックしたい選び方!

 

潰瘍性大腸炎になっていても加入できる保険は、幾つかあります。
その中でも特に、医療保険は、注意して選ぶ必要があります。

 

注意したい医療保険

 

その1つに、誰でも加入できる告知義務や診査の必要のない「無選択型医療保険」と呼ばれるものです。ただ、これは、契約内容を良く読まないと失敗します。

 

例えば、契約内容として、

・契約から90日以内の入院は、支払い対象外。
・既往症(過去にかかったことがある病気)がある場合の入院費は、支払い対象外。
・手術の場合は、給付金が支払われない。

などです。

 

つまり、

保険に加入できる ≠ 保険が支払われる

のケースが多いということです。トラブルのもとになるので、加入を考えている方は注意しましょう!

 

どんな医療保険に入るのが良いのか?

 

潰瘍性大腸炎の診断が下された場合は、

引受基準緩和型、限定告知型の医療保険

を選ぶようにしましょう。

 

これは、保険料は多少高くなりますが、トラブルの少ない保険の1つです。
(もちろん、既に医療保険に加入済みの方は、変える必要はありません。)

 

今一番のベストな保険は、プランナーに一度確認してみることをオススメします。
>> 保険のプランナーに無料で聞く <<

 

潰瘍性大腸炎ではなく、まだ医療保険に入っていないという方は、

一般医療保険

を健康な今の内に加入しておくのが良いでしょう。

 

保険について、相談できる窓口へ一度ご確認することをおすすめします。
保険に入るタイミングやベストな選択を知るためにも、プランナーに1度相談してみるのも手だと思います。備えあれば憂いなしです!

 

潰瘍性大腸炎でも加入できる保険相談窓口はコチラ

 

 

いろいろ飲み比べをしている中で、一番効果があったサプリです。
気になる方は御覧ください。
>>潰瘍性大腸炎におすすめのサプリはコチラ

潰瘍性大腸炎 保険加入の前にチェックしたい選び方!関連ページ

長期の下痢は、一般病院の内科か胃腸内科か大学病院か?
健康診断で潰瘍性大腸炎が見つかるか?