ペンタサ(メサラジン) | 潰瘍性大腸炎 治療と完治の体験談!

ペンタサ(メサラジン)

成分:メサラジン
商品名は以下の2つがある。

  • ペンタサ Pentasa(杏林製薬)
  • アサコール Asacol(ゼリア新薬工業)」

 

ペンタサは、大腸粘膜の炎症を鎮める働きがある。
主に、潰瘍性大腸炎、クーロン病の治療に使用される。
有効成分が大腸で放出されるようになっているため、副作用の少ない薬の1つです。

 

副作用

腹痛、吐き気・嘔吐(おうと)、下痢(げり)、食欲不振、便秘、下血、血便、全身倦怠感(ぜんしんけんたいかん)、頭痛、発熱、むくみ、肝・腎(じん)機能障害、心筋炎・心膜炎・胸膜炎、血液障害、膵炎、筋肉痛、関節炎、腹部膨満、潰瘍性大腸炎の悪化、結腸ポリープ、鼓腸、めまい、耳鳴、しびれ、脱毛、間質性大腸炎、好酸球肺炎、臨床検査値異常、発疹、かゆみ、じんましん、丘疹、紅斑、口内炎、アミラーゼ上昇、粘液便、尿着色、末梢神経障害、肛門部位のかゆみ、便意切迫など

 

goo辞書 ペンタサより引用
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/kusuri/3691/m0u/

いろいろ飲み比べをしている中で、一番効果があったサプリです。
気になる方は御覧ください。
>>潰瘍性大腸炎におすすめのサプリはコチラ

薬と同じく大事なのが、食事と腸を休ませてあげることです。
ただ、実際に毎日おこなおうとしても、明日になったら忘れてしまい、薬だけによる負のスパイラルから抜け出すことはできません。

 

そんな時に役に立つのが、地味ですが、記録を付けることです。食事、睡眠、翌日の調子など、メモっておきます。そうすると、自分の生活の改善点が見えてきます。

 

食事記録管理シートへ

 

完治への第一歩は、あなた自身の食生活の”くせ”を知ることが大事です。ぜひ、お役立てください。(ダウンロード自由)

 

是非、食事管理シートをご利用ください。(自由ダウンロード)