安倍晋三首相 潰瘍性大腸炎で使用しているアサコールとは | 潰瘍性大腸炎 治療と完治の体験談!

安倍晋三首相 潰瘍性大腸炎で使用しているアサコールとは

第96代内閣総理大臣、安倍晋三氏

アサコールは、日本で、2009年に保険適用された薬です。(欧米では承認済み)

 

内閣総理大臣の安倍晋三氏が使っていた薬でもあります。2006年に一度内閣総理大臣を辞任してますが、その理由の1つとして潰瘍性大腸炎を患っていたことを公表しております。

 

ただ、アサコールという薬は、まだ効果が万全ではなく副作用もあるため、安心はできない。このアサコールは、どのようなものなのか?

 

成分:メサラジン
商品名は以下の2つがある。

  • アサコール Asacol(ゼリア新薬工業)
  • ペンタサ Pentasa(杏林製薬)

アサコールは、ペンタサと同じメサラジン製剤で、日本では2009年に認可されました。ペンタサとの違いは、酸性で溶けずにアルカリ性で溶ける性質を持った物質でコーティングされているという点です。私たちの体は、胃から虫垂(盲腸)までが酸性、虫垂を超えて大腸にはいるとアルカリ性になります。要するにアサコールは大腸に入ってから有効成分が放出されるように作られた薬なのです。その一方で、コーティングに使用している物質がアレルギーを起こす可能性があることも指摘されています。

 

著者:西本真司 「潰瘍性大腸炎は自分で治せる」 (マキノ出版)から引用

 

 

潰瘍性大腸炎は、基本は腸内フローラの環境を良くすることが大事です。
そのためには、食生活の見直しと同時に、強制的に腸内の環境を整える助っ人があった方が、結果が早くでます。

 

いろいろ飲み比べをしている中で、一番効果があったサプリです。
気になる方は御覧ください。
>>潰瘍性大腸炎におすすめのサプリはコチラ

薬と同じく大事なのが、食事と腸を休ませてあげることです。
ただ、実際に毎日おこなおうとしても、明日になったら忘れてしまい、薬だけによる負のスパイラルから抜け出すことはできません。

 

そんな時に役に立つのが、地味ですが、記録を付けることです。食事、睡眠、翌日の調子など、メモっておきます。そうすると、自分の生活の改善点が見えてきます。

 

食事記録管理シートへ

 

完治への第一歩は、あなた自身の食生活の”くせ”を知ることが大事です。ぜひ、お役立てください。(ダウンロード自由)

 

是非、食事管理シートをご利用ください。(自由ダウンロード)

安倍晋三首相 潰瘍性大腸炎で使用しているアサコールとは | 潰瘍性大腸炎 治療と完治の体験談!関連ページ

睡眠・快眠サプリ
ペンタサ(メサラジン)
ザラゾピリン(サラゾスルファピリジリン)
ステロイド薬
潰瘍性大腸炎 漢方