主食に玄米を摂りいれる | 潰瘍性大腸炎 治療と完治の体験談!

玄米は、長寿食の一つです。
特に、玄米は、白米と異なり、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれており、腸内をゆっくりすすむことから、腸内で栄養素を吸収しやすいとされています。

 

ただ、潰瘍性大腸炎の炎症期は、腸への負担もあることから、食べ方として、玄米を粉上にして煮詰めるなどし、クリームにして食べることが多いです。
玄米は、ミネラルも豊富で、食物繊維がたくさん含まれているため、腸内環境に役立つ食材の1つです。

 

潰瘍性大腸炎は、基本は腸内フローラの環境を良くすることが大事です。
そのためには、食生活の見直しと同時に、強制的に腸内の環境を整える助っ人があった方が、結果が早くでます。

 

いろいろ飲み比べをしている中で、一番効果があったサプリです。
気になる方は御覧ください。
>>潰瘍性大腸炎におすすめのサプリはコチラ