添加物はラベルを読み見て判断 | 潰瘍性大腸炎 治療と完治の体験談!

添加物はラベルを読み見て判断

(所要時間 50秒)

 

添加物は、悪いというのは気にしていましたが、実際、何が悪いのか分からないですよね。
実jは、日本は、添加物のオンパレード大国の一つです。

 

僕も好きな昔からあるお菓子。
例えば、「コアラの○ーチ」

 

これは一箱でWHO摂取基準に達するトランス脂肪酸が含まれているのです。
でも、日本では、知られていません。これを知るためには、海外にいって、これを買う場合にしか、分からないのです。

 

理由は簡単です。
海外では、トランス脂肪酸の量を表記をする法律上の義務があるからなのです。
消費者は、これを見て、本当に買うか判断できるのです。

 

残念ながら、日本では、隠す?、悪い情報は、見せない?
のか、判断する材料すら与えられてません。与えられているのは、コマーシャルくらいでしょうか。

 

これを、知らずに小さいお子様が食べ続けていたら、どうなってしまうのでしょう。
原因不明の難病になるかもしれません。。。

 

皆さん、気をつけましょう。命の方が大事ですので。

 

正しいお菓子の選び方
食品表示の欄を見て、
・マーガリン
・ショートニング
の記載のあるものは、出来るだけ外しましょう!
※お菓子以外でも同じです。

 

アメリカでは、トランス脂肪酸が禁止になりました。日本では、今だに規制されない・・・。やっぱり予想通り?

 

健康ジャーナル社から抜粋
http://www.kenko-journal.com/trans-fat/

 

■アメリカで禁止されたトランス脂肪酸が、なぜ日本では禁止されないのか!?

 

“対岸の火事”的な対応しかとらない日本は、先進国の中でも稀有な存在だといえそうです。「国民の健康より経済が大事」とでも考えているのでしょう。

 

先進各国では常識、トランス脂肪酸に対する対策
国民が精製加工された植物油の危険性について知らされているという点が日本との大きな違いだと思います。

 

トランス脂肪酸の使用を減らすことで年に7,000人の死者と最大2万件の心臓発作を回避できる可能性がある。

 

健康を考えるには、自分で情報をキャッチし守るしか今はなさそうですね。

 

 

潰瘍性大腸炎は、基本は腸内フローラの環境を良くすることが大事です。
そのためには、食生活の見直しと同時に、強制的に腸内の環境を整える助っ人があった方が、結果が早くでます。

 

いろいろ飲み比べをしている中で、一番効果があったサプリです。
気になる方は御覧ください。
>>潰瘍性大腸炎におすすめのサプリはコチラ