洋食より和食を心掛ける | 潰瘍性大腸炎 治療と完治の体験談!

洋食より和食を心掛ける

(所要時間 50秒)

 

日本の平均寿命は、
男性 77.7歳
女性 84.6歳
です。

 

NHKクローズアップ現代というTV番組で、
沖縄 長寿崩壊の危機 〜日本に迫る“短命化社会”〜というテーマが話題になりました。

 

沖縄 長寿崩壊の危機 日本短命化の兆し?

 

日本一の長寿を誇ってきた沖縄県民。
先週発表された都道府県別の平均寿命で、女性は3位に、男性は30位に後退しました。

 

なぜ沖縄県民の寿命は順位を下げたのか。
その原因を探ると、日本全体に共通する大きな問題が浮かび上がってきました。
それは、食べ物に含まれる油です。
高脂肪の食生活が、特に若い世代の人たちの命を縮めている可能性があるのです。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
野菜や芋類中心だった食生活は、肉類の多い食事へと大きく様変わりしました。
全国に先駆けた食の欧米化です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

NHKクローズアップ現代から抜粋
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3320_all.html

 

実は、肉類の偏った食事は、潰瘍性大腸炎に悪いだけではなく、生活習慣病の発症、そして短命へのルートでもあるのです。

 

和食は、世界の「ユネスコ無形文化遺産」に登録されましたが、
世界は、日本の和食をモデルに食生活を改める動きが続いています。

 

和食は、このように紹介されているようです。

 

日本が誇る日本食「和食」は、世界の文化遺産

ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」
農林水産省から抜粋
http://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/ich/

 

健康的な食生活を支える栄養バランス
一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスと言われています。また、「うま味」を上手に使うことによって動物性油脂の少ない食生活を実現しており、日本人の長寿や肥満防止に役立っています。

 

自分が食べているものは、日本にいながら、味の濃い洋食に依存している割合が高いのです。和食中心の生活は、腸にはやさしいものが多いです。自分は、この病気に掛かってから、和食を意識して食べるように変えました。

 

栄養士が作る和食の宅配
腸の炎症が酷いうちは、おすすめしませんが、
良くなってきたら、腸に良いものだけではなく、バランスの良い和食が良いです。

 

 

潰瘍性大腸炎は、基本は腸内フローラの環境を良くすることが大事です。
そのためには、食生活の見直しと同時に、強制的に腸内の環境を整える助っ人があった方が、結果が早くでます。

 

いろいろ飲み比べをしている中で、一番効果があったサプリです。
気になる方は御覧ください。
>>潰瘍性大腸炎におすすめのサプリはコチラ